住友不動産の現場調査

東京都 S様邸

調査日:2021年12月19日

【エンジニアリングレポート】

調査結果まとめ

  • しっかりとした管理のもと進んだ現場であった
  • 全体的に指摘も少なくレベルの高かった現場といえよう
  • 検査依頼や是正報告も問題なし
住友不動産、東京都S様邸の現場調査レポートです。管理体制はエリアによってばらつきは否めないが、東京の城西エリアはレベルが高いと言えます。インスペクションを実施した本件も大きな問題はなく、一定以上の品質を確保した現場管理体制が伺えました。
 
断熱工事では、部分的にボード状の断熱材(ネオマフォーム)を採用していますが、正直「木造」とは相性が悪く、どの現場でも指摘が出るのが実情です。
 

基礎配筋検査レポート

丁寧に施工されていた。現場の整理整頓も平均点以上である。
 
写真は、鉄筋同士を複数本束ねて結束している様子。隙間がない為、コンクリートの充填に支障があり、正しい施工状況ではない。
 

基礎完成検査レポート

コンクリートの仕上がり状況も良好。指摘はなく、次工程に進める数少ない現場の一つであった。
 
コンクリート仕上がり状況が良好な様子は写真でも見て取れる。矢印の部分が黒くなっているのはセパ(型枠を押さえる金物)跡に、防錆塗料を塗布している為。細かい配慮が伺える。
 

上棟検査レポート

枠組壁工法は外壁面材を釘打ち固定し、建物剛性を保持する。住友不動産ではノボパンを使用するのが一般的だ。
 
当然、釘打ちは重要管理項目である。釘施工にはいくつかの指摘が散見された。写真はスタッドから外れた釘打ちの様子。これでは計算通りの耐力を発揮できない為、是正が必要となる。
ツーバイでは多くの釘や金物を使うため、確実なチェックを実施しなければこのようなミスが根絶できない。消費者はプロである職人が作業をしているから・・と思われるかもしれないが、実際には職人のスキルやモラルが大きく影響する。
上部写真は含水率超過の様子。濡れているのは一目でわかるが、このような状態だと規定値以下に乾燥させるのに相当の時間を要する。
 

防水検査レポート

外部の防水工事が完了した段階での防水検査を実施した。防水紙は遮熱性能を期待するラミテクトのプレミアムサーモという商品。
一般的には指摘の多い貫通部なども丁寧に施工され指摘なく検査が完了した。
 

断熱検査レポート

断熱インスペクションでは、住友不動産特有といっていい指摘が挙がった。
ネオマフォームと木材の取り合いの隙間はほぼ全件で発生する。

どうしてもまっすぐな材料を「ねじれや反りのある木材」にぶつけるわけだから隙間が発生してしまうのは避けられない事象だろう。
 
現場監督は是正指摘の想定をしていたかどうかは不明だが、隙間を埋めるためのウレタンフォームを持参させ、その場で是正をして回っていた。
 

内部造作完了検査レポート

内部造作完了検査も指摘はなく良好な施工状況。監督の前段階での指示や注意点の伝達、実施できる大工と施工レベルは高い部類であった。
 
時間を要したが含水率も規定値以下を確認することができ、一安心である。
 

【S様邸基本情報】

建設地 東京都
工法 枠組壁工法(ツーバイシックス)
延べ面積 105.87㎡
階層 2階
契約時見積 税込3100万円(外構含む)
最終見積 税込3500万円(外構含む)

住友不動産の現場調査

住友不動産で実際に建てた人の口コミ